Welcome to gop

gopのアナグラは、鮮烈でしかも繊細なスパイスの香りと風味を楽しむ店です。

熟練の職人が、温度の上げ方や、スパイスを投入する間合いを微調整しながら、スパイスの魅力を最大限に引き出すように、毎日頭を絞りながら作っています。
毎日食べても食べ飽きない、食べるほどにおいしく感じる、後味すっきりの、マニアにはたまらない店です。
ここでしか食べる事の出来ない味を、毎日作り出しています。

メニューはmenu画面からどうぞ。

営業時間 平日・土曜 11:30~21:30
                 日曜・祝日 11:30~20:30
                 ラストオーダー30分前

新着や売り切れ情報ははWhat’s Newから。
駐車場は2台(場所はAccessもしくは店外の案内板にて)

カレーと音楽と本に溢れた、気安い店です。
どーぞごゆっくり!!

gopのアナグラではこんなカレーを作っています。

スープカレー

メインのメニューです。
余計な物を引いて引いて、鶏がらや野菜等、9時間煮込んで作ったスープにスパイスを合わせ、どの味も突出しないように、タイミングや温度の上昇カーブの調整で味を作る、シンプルだけど奥深い、職人技の香り高いスパイシーなスープカレーです。
辛さは0から100番まで。辛くするほど旨味が増し、美味くなるのが特徴です。
途中から辛さを足す事もできます。

インドカレー

スープカレーと同じスパイスを使い、フルーツの甘さも加えたスパイシーで味わい深いカレーです。
深く炒めた玉ねぎとスパイスが織り成す人気者です。
他のカレーのライスに、ハーフサイズでトッピングもできます。

夏スープ

タイの有名なスープ「トムヤム」をアレンジして作ったものです。
ペースト状にしたレモングラスなどのハーブと、魚醤、蝦醤などで味を作る、すっきりしたスープ。
夏向けに作ったのですが、大人気で通年メニューになりました。

タイカレー

カレーペーストから手作りしています。
ココナツミルクとタイハーブの鮮烈な香り。
ココナツミルクを分離するまで過熱し、その油にカレーペーストを溶かし込むように作ります。濃厚だけどすっきり!

カリー・アヤム

マレーシア風のカレーを作ってみました。「鶏のカレー煮込み」というやつです。
タイのカレーと呼ばれるものは、主にレモングラスなどのハーブを叩き潰して作りますが、それに対し、マレーシアは英国の植民地支配のためか、またまたイスラムという宗教のおかげか、乾燥スパイスもかなり使うようで、東南アジアと南アジアの分化が合わさったようなカレーがあります。

ココナツミルクを使い、gopのスープカレー用マサラ、玉ねぎ、にんにく、レモングラス等に蝦醤などを合わせ、仕上げにコブミカンの葉の香りを添えてあります。
具材的には現地では、鶏のみか鶏とじゃがいものシンプルなのが多いようですが、それでは寂しいんで玉子となすも入れてあります。
カレー好きに食べてもらいたい、異国の味。